【鳥海山の会入会のご案内】 本文へジャンプ

【趣旨】

 独立峰として東北一のたかさを誇る鳥海山は、万物の生命の源である水の恵みを与えてくれる霊峰として人々から崇められてきました。春や秋はワラビやキノコなど山菜の宝庫であり、夏は高山植物の花のパノラマでもあります。 しかし、時には濁流・雪崩、さらには火の山として畏れられ雷鳴が轟き、原野、田畑、動植物、人間までを死に至らしめる魔の山でもあります。
 その雄姿は県民歌・市歌などで歌われ、また端正な容姿と四季の彩りは画家や写真家などの心をとらえて数多くの作品を誕生させましたが、時には登山などによって人間が自然の中の一生物であるこ感じ、また修験の峰修行に見られるような母体回帰の蘇生体験ともいわれてきました。
 このように、鳥海山は様々な姿を表しながら活動している山ですが、人々は長年その山と密接に関わってきました。人それぞれよって、その表現方法は違いますが、鳥海山の崇高な姿に対する敬虔な姿に対する敬虔な気持ちと愛着心は誰にも共通する感情と思われます。
 この鳥海山を山形県では世界遺産に登録しようと運動を展開していますが、庄内地方同様に、秋田県側の膝元由利本荘市・にかほ市においても「おらほの鳥海山」であります。
 そこで、いろいろな分野で活躍されております方々が集い、これまで観察や研究をされてきました鳥海山を様々な角度から語らい、鳥海山の魅力と魔力を引き出していければと考え「鳥海山の会」は発足しました。
 こうした語らいが、鳥海山の全容を鮮やかに描き出し、結果的には史跡の指定、ならびに鳥海山の素晴らしさをPRする運動となり、また鳥海山の会会員によって語られた内容をインターネット等で内外に発信し、さらに作品等を満載した地域誌「鳥海(山)学」などを刊行して文化や自然遺産、あるいは観光資源などを考える契機となり、地域の活性化に寄与できれば幸いです。

  「鳥海山の会」は、このような趣旨のもとに活動していく会です。

 どなたでも加入できます。

*加入方法、
    1,入会申し込みボタンをクリックし申し込む
     2,下記事務局に直接電話、FAXで申し込む
     3,メールで申し込み
 いずれかの方法でお申し込み下さい。
  FAX、メールでお申し込みの方は
    1,氏名
    2,住所
    3,電話番号
    4,年齢
    5,メールアドレス
をご記入下さい。

*年会費
年会費は「2,000円」となっております。
年会費 郵便振振替 でお願いいたします。

  口座記号   02220−6
  口座番号   126601
  加入者名   鳥海山の会

  鳥海山の会事務局住所
   015-0076 秋田県由利本荘市東町67
           鳥海山の会事務局 岡田 淳一    
        TEL ・FAX 0184-23-3238
    chokaisan@sc.namaste.jp