鳥海山の会総会

平成21年1月23日(金) 午後6時
  由利本荘市 アクアパル

 この度平成21年の鳥海山の会総会を約30名の方々の出席をいただき開催しました。また当日は、多数の皆様から応募いただきました秋田県鳥海山の日の発表も行われ、表彰式を行いました。
 また議事が原案通り承認された後、休憩をはさんで当会員でもあり、昨年秋田県芸術選奨を受賞した、打矢悳 氏による鳥海山の水墨画揮毫が行われました。出席者一同、静けさの中にも力強い筆さばきで霊峰鳥海山が描かれていく様に、息をのんで見とれておりました。この度描かれた鳥海山は、由利本荘市教育委員会に寄贈となりますので、機会があったらご覧ください。

*揮毫・・・・鳥海山を水墨画で描く

      打矢 悳 

鳥海山の会役員名簿(平成20年〜21年
 会  長     荘司昭夫
 副会長     大井建史
 事務局長   多田 厚
 運営委員長  須田 
 運営委員   小川征司・佐藤助雄・三浦良隆・茂野正信
 監  事     佐藤金市・齋藤悟
 顧  問     安藤武俊・佐々田亨三

総会の資料については下記議事をクリックすれば、表示されます。

総会次第

(1)平成20年事業報告承認の件
(2)平成20年収支決算承認の件
(3)監査報告
(4)平成21年事業計画(案)について
(5)平成21収支決算(案)について
(6)会報誌「感動する鳥海山」の原稿募集について


(7)「秋田県鳥海山の日」発表
   
「鳥海山の日」選考委員会の結果

  
鳥海山の日は5月11日と決定しました

 【選定理由】
 
 鳥海山の歴史上の初見が『続日本後紀』に「承和(じょうわ)5年(838年)
5月11日出羽国従五位上勳五等大物忌神五位下を授かる」と記されており、
語呂合わせのようにどこでも選定の可能性のあるものでなく、出典が明確で
鳥海山においては不変の日であることから選定した。 
   
    応募者  由利本荘市矢島町
           (さとう  れいこ)
           佐藤 祈子